フルーツ青汁 作り方

MENU

フルーツ青汁を美味しく飲みたい!おススメの作り方♪

青汁と聞くと、とっても不味いイメージがありますよね。あの独特な青臭さと苦みはどんな方でも「ウッ」となってしまうような不味さです。ですがその中でもフルーツ青汁は普通の青汁と違ってフルーツの酵素が多いため飲みやすく出来ています。

 

それなのにフルーツ青汁がまずい、と感じたことがある方はいませんか?作り方を間違えると薄かったりして、その本来の飲みやすさがなくなってしまう恐れがあるんです。そこでフルーツ青汁の基本的な作り方と、人気の作り方をご紹介したいと思います!

 

<フルーツ青汁の水の量、それで大丈夫?>

 

フルーツ青汁の基本的な作り方はただ水で割って混ぜるだけなので子供でも作れちゃうんです。それなのに不味かったことがある人、、、水の量が間違っていませんか?

 

商品の説明書には100mlの水で溶かす、と記載されています。メーカーが推奨する水の量なので、100mlで割れば間違いありません。青汁の量が少なくもっと飲みたいからと言って水の量を増やしては不味い青汁が出来るだけ。せっかくのフルーツ青汁がもったいないですね、、、。

 

逆に水が少し少ないくらいなら問題ありません!味が濃くなって飲みやすい、という人も多いんですよ。フルーツ青汁が不味く感じる方がいたら、いつも割っている水の量を見直してみて下さい!

 

<フルーツ青汁を更に美味しく♪人気の飲み方。>

 

毎日水で割っているといくら美味しくても飽きてきてしまいますよね。そこで水以外に割ると美味しい割り方をご紹介します。

 

『牛乳』

 

フルーツオレのようなまろやかな味わいになるため、更に飲みやすくなります。牛乳の量は100mlで最初は作ってみましょう。水とは違うため、その後は自分の飲みやすい量で割ってみてください。カロリーは普通の牛乳で70kcalするため、気になる方は低脂肪にしたり、牛乳の量を減らしてみてください。

 

『プレーンヨーグルト』

 

ヨーグルトのトッピングとして食べるのもいいですね。ただし、加糖のヨーグルトではダイエット効果が薄れてしまうため、無糖のものを選びましょう!量としては大体150gに混ぜるのが調度いいバランスで美味しく食べることができます。

 

『グリーンスムージー』

 

フルーツと合わせてスムージーにしても美味しく頂けます。私がよく作る材料としては、フルーツ青汁+水(牛乳)+バナナ+りんごが多いですね。

 

そもそもグリーンスムージーにはほうれん草、小松菜、にんじん等を入れることが多いですが、それをフルーツ青汁で補うというわけです。バナナやりんごも栄養が豊富に含まれているため、デザート感覚で飲むことが出来ます。

 

『パンケーキ(カップケーキ)』

 

たまにお菓子が食べたくなった時や、野菜が嫌いなお子様におススメなのがパンケーキにフルール青汁を混ぜたお菓子です。カロリーを抑えたい場合は、おからを使ったケーキにしたりすることでヘルシーに作れます。毎日食べていてはダイエット効果は期待できませんが、たまのご褒美としていかがでしょうか!

 

<こんな飲み方は注意>

 

みなさんにはおススメの割り方を紹介してきましたが、中には注意が必要な場合もあるんです。それはジュースやコーラ等の市販の飲み物で割ることです!甘いオレンジジュースやリンゴジュースには糖分がいっぱいです。甘さが足りないときは生のフルーツを使ってスムージーにした方が美容や腸内を整える効果もあるためおススメです。

 

 

フルーツ青汁の基本的な作り方と少しアレンジを加えた作り方。皆さん覚えて頂けましたでしょうか!?毎日続ける置き換えダイエットに多少の味の変化は必要です。

 

無理せずストレスなく続けられるように、皆さんも色々フルーツ青汁の味を試してみてください!

 

>>薬局では買えない?【すっきりフルーツ青汁の販売店舗を調査!】